図1 図2
商品名:若鶏の竜田揚げ
購入価格:828円(税込、2020年8月)

あと一品欲しいときや、お弁当のおかずに便利な「鶏竜田揚げ」!柔らかい鶏むね肉を醤油ベースで味付けし、カリカリの衣で揚げた一品で、レンジで温めればすぐに完成!お食事のメインの一品となる食べごたえで、100gあたり83円はかなりお買得です!

今回は、コストコの「若鶏の竜田揚げ」の商品詳細、味や価格をレビューします!

SPONSORED LINK


商品詳細 若鶏の竜田揚げ

商品名:若鶏の竜田揚げ
名称:鶏竜田揚げ
原材料名:鶏肉、しょうゆ、しょうが、にんにく、ワイン、食塩、砂糖、衣(でん粉、植物油脂)、揚げ油(大豆油)/加工デンプン、リン酸塩(Na)、調味料(アミノ酸)、酸味料、(一部に小麦・大豆・鶏肉を含む)
内容量:1,000g
賞味期限:購入日より約15か月
保存方法:-18℃以下で保存してください
原産国名:タイ
輸入者:CPF JAPAN株式会社

竜田揚げと唐揚げの違い

竜田揚げと唐揚げって、見た目はそっくりですよね?そもともと竜田揚げと唐揚げは、それぞれ次の料理を指していたようです。

・唐揚げ:下味をつけた後、小麦粉や片栗粉などを薄くまぶして揚げたもの
・竜田揚げ:下味をつけた後、片栗粉のみを薄くまぶして揚げたもの
 
ただし、唐揚げは「空揚げ」とも言い、もともと下味をつけず、小麦粉などもまぶさずに「素揚げ」を指していたとう説もあります。

竜田揚げも小麦粉、ジャガイモのでんぷんなど片栗粉以外のものをまぶして作ることも多いです。コストコの若鶏の竜田揚げも、原材料に片栗粉は含まれていません。

このように、現在はから揚げと竜田揚げに明確な違いはいようです。要は、調理した人が唐揚げといえばから揚げ、竜田揚げと言えば竜田揚げになるようです。

若鶏の竜田揚げの中身

図3

パッケージを開けると、1kgの冷凍の鶏竜田揚げが入っています。竜田揚げの直径は3~5cmとややばらつきがあり、入っている個数も異なるようです。シロが購入したパッケージには42個の竜田揚げが入っていました。1個当たりの重さは約24gですね。

竜田揚げ1個のサイズは大人の1~2口大くらいです。お食事やお弁当にも便利なサイズで、1食あたり4個ぐらいが適量ですので、1袋で10人前ぐらいです。

パッケージにはジッパーがついており、開封しても密閉保存することができます。ただし、製造元がタイだからか、日本の一般的なジッパーに比べて口が閉じにくいです。

パッケージに記載されている「CP」は、タイ最大のコングロマリット企業チャルーンポーカパン(Charoen Pokphand)のマークです。CPはもともと種貿易を営んでおり、エビや鶏の飼育、商品生産まで自社で一貫して行う会社へと成長してきました。

CPグループは、タイで初めてのセブンイレブン開設するなど、タイや中国に高品質、安価な食品を提供するとともに、製造した食品を日本、米国、欧州などに輸出しています。

調理方法

調理方法について、次のように記載されています。電子レンジもしくは油を使用して調理が可能です。

【電子レンジ】
凍ったままの商品を皿にのせ、ラップをかけずに加熱してください。
4個調理の場合
・500W・・・2分
・600W・・・1分50秒

【油で揚げる】
170℃の油で4~5分揚げて下さい。
我が家では、電子レンジで5個をレンジ調理してみました。 こちらがレンジ前ですが、竜田揚げの表面が凍っていてやや白くなっています。
図4

調理方法に従い、500W、 2分20秒加熱しました。
図5

表面の白っぽい感じがなくなり、やや油がにじんでいてとっても美味しそうです!

若鶏の竜田揚げの味レビュー

図6

今回は、パッケージの説明のとおりに電子レンジ加熱しました。

衣は、電子レンジ後でもカリッとしています。冷凍の竜田揚げや唐揚げの衣は、電子レンジ後はべちゃっとしていることが多いのですが、この竜田揚げはちょうどよい硬さです。

鶏肉はもも肉で、肉汁が少ないのでジューシーな感じはありませんが、とっても柔らかいながら噛み応えがあります。味付けは醤油ベースにしょうが、ほのかににんにくの香りがします。しっかり下味がついていますが、濃いという感じはなく、ごはんと一緒に食べてちょうどよいぐらいです。

白ごはんとから揚げだけであれば、シロは1食に1人3~4個ぐらいが適量でした。キャベツの千切りなどをつければ、食事の主菜となる一品です。

コスパ

コストコの「若鶏の竜田揚げ」は、1kg入りで828円、100gあたりの価格は82.8円でした。

今回は、Amazonや楽天市場、イオン、業務スーパーのお値段と比較してみます。

商品名購入元内容量価格100gの価格
若鶏の竜田揚げコストコ1,000g828円82.8円
鶏竜田揚げ
図1
業務スーパー1,000g699円69.9円
若鶏の和風唐揚げ
Amazon
(マルハロ
ニチロ畜産)
1,000g827円82.7円
レンジ若鶏からあげ
図11
コストコ1,000g998円99.8円
若鶏の唐揚げ(胸肉)
楽天市場
(神栄)
1,000g1,568円(送料込み)157円
※消費税は8%として計算

今回比較した中では、業務スーパーの「鶏竜田揚げ」が最もお買得でした。こちらの竜田揚げは、鶏肉と衣のバランスがよく、衣もカリッと仕上がるので、シロもよくリピ買いしています。

コストコの若鶏の竜田揚げは、Amazonや楽天市場とほぼ同等以下のお値段ですが、業務スーパー製品に比べて約1.5割ほど割高でした。ストアクーポンで130円以上割引きされていれば、業務スーパーと比べてもお買得です。

おわりに

コストコの「若鶏の竜田揚げ」は、柔らかい鶏もも肉を醤油、しょうがなどで味付けし、カリカリの衣で揚げた一品です!レンジで簡単に衣がカリッカリになるので手軽に調理でき、メインの一品となる食べごたえです!

価格は、100gあたり82.8円と、業務スーパーの「鶏竜田揚げ」に比べて1.5割増しと割高でした。コストコで購入するなら、ストアクーポンで130円引きの時がお買得で狙い目です。

コストコの「若鶏の竜田揚げ」は、簡単に調理できて美味しいのですが、業務スーパー製品に比べて少し割高であり、その値段を埋めるほどの美味しさはありませんでした。我が家では、今後も業務スーパーの竜田揚げをリピ買いしたいと思います。

リピ買い:なし
おすすめ度:★★★

▼合わせて読みたい
 
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ 

SPONSORED LINK