図4
図9
商品名:フリトレーバラエティパック
価格:1,098円(2020年7月)

コストコでは、お菓子も大きな箱や袋で販売されています。「きのこの山&たけのこの里」など日本でメジャーなお菓子から、海外の面白いお菓子までたくさんあって、どれを買おうか迷うのも醍醐味の一つです。

今回購入したのはポテトチップス18袋、ドリトス3袋の合計21袋のアソートパック「フリトレーバラエティパック」です。多くの人を魅了してやまない4種類の味のポテトチップスが小分けされており、持ち運びに便利です。

今回は、業務スーパーの「フリトレーバラエティパック」の商品紹介、味のレビュー、お値段の検証をします。

SPONSORED LINK



商品詳細 フリトレーバラエティパック

名称:スナック菓子

原材料名:
【レイズ ポテトチップス塩味】じゃがいも(遺伝子組み換え不分別)、植物油、塩
【レイズ ポテトチップスサワークリーム&オニオン味】じゃがいも(遺伝子組み換え不分別)、植物油、脱脂粉乳、塩、マルトデキストリン、オニオンパウダー、ホエイ、サワークリーム、パセリ、乳糖、ホエイ淡白質濃縮物、バターミルク/香料、酸味料、(一部に乳成分を含む)
【ラッフル ポテトチップス しお味】じゃがいも(遺伝子組み換え不分別)、植物油、塩
 【ドリトス タコス味】コーン(遺伝子組み換えでない)(米国産)、植物油、砂糖、食塩、ぶどう糖、デキストリン、トマトパウダー、オニオンパウダー、赤唐辛子、酵母エキスパウダー、たん白加水分解物、ガーリックパウダー、ライムジュースパウダー、ビーフエキスパウダー、クミン/調味料(アミノ酸等)、香料、酸味料、着色料(カロチノイド、カラメル)、甘味料(ステビア)、(一部に小麦・乳成分・牛肉・大豆を含む)

内容量:28.3g×18袋、35.0g×3袋
賞味期限:購入日より約6か月
保存方法:直射日光、高温多湿を避け、常温で保存してください。
原産国名:アメリカ合衆国
輸入者:ジャパンフリトレー株式会社

フリトレーバラエティーパックの中身

図4

大人の胴体ほどの大きな外側のパッケージを開けると、合計21袋の小分けになったポテトチップスが入っていました。入っている味と量は、次の4種類です。

〇 レイズ(Lays) ポテトチップス塩味・・28.3g×6袋
〇 レイズ(Lays) ポテトチップスサワークリーム&オニオン味・・28.3g×6袋
ラッフル(Ruffle) ポテトチップスしお味・・28.3g×6袋
〇 ドリトス(Doritos)タコス味・・35.0g×3袋

中身を合計すると614.4gです。Calbeeポテトチップスの通常サイズが60g入りですので、Calbeeポテトチップス10袋分です。そういわれると、ちょっと少ないような気もしますね。(お値段の検証は後ほど)

ポテトチップスは湿気を吸うとシナっとして美味しくなくなりますよね。そのため、一気に食べないとと思いついつい食べすぎてしまいます。こちらは、Calbeeのポテトチップスほぼ半袋分ずつ小分けになっているので、食べ過ぎ防止になります。

フリトレーバラエティーパックの味レビュー

それでは、それぞれの味をレビューしていきたいと思います。

レイズポテトチップス塩味

図11 図10

レイズの塩味は、日本のポテトチップスとほぼ同じ見た目ですが、ややチップスが薄めですが、ほどよい硬さがあるのでサクサクとした食感です。

味は、アメリカ製らしく塩分が強めで、ついつい手が伸びるおいしさです。油分が多めですので、手が汚れるのにご注意ください。

レイズポテトチップスサワークリーム&オニオン味

図5 図6

レイズのサワークリーム&オニオン味は、レイズ塩味に緑色のパセリがパラパラと散りばめられた見た目です。薄さもほぼ同じでパリパリとした食感は同じですね。

味は、サワークリームの塩気と酸味の味が濃いです!このたまらないしょっぱさに、ほのかなパセリの苦み、じゃがいもの甘味が感じられ、飽きのこない味に仕上がっています。

濃い味なので健康には悪そうですが、なぜか手が出てしまうおいしさです!

ラッフルポテトチップス塩味

図13 図12

ラッフルの塩味は、プリングルズのようなギザギザが入った厚切りポテトチップスです。ギザギザカットのため、食感はザクザクしています。

レイズ塩味に比べて塩気が控えめです。じゃがいも本来の味が感じられ、日本のポテトチップスに近い味だと思います。

また、4種類の中では一番油分が少なめなので、手があまり汚れませんでした。

ドリトス タコス味

図8 図7

ドリトスは、日本でも販売されていますのでレビューするまでもないかもしれません。

見た目は三角形で、表面にスパイスがちりばめられています。食感はバリバリとしていて、他のチップスに比べて固めのです。

味は、トマトのような酸味のあるスパイスが効いた味です。辛さは控えめですが、味が濃く、クセになる味です。4種類の中では、最もお酒のつまみに向いていると思います。

SPONSORED LINK

コスパ

コストコの「フリトレーバラエティーパック」は、21袋入りで1,098円でした。

まずは、Amazon、もしくは楽天市場で、フリトレーバラエティーパックの中身を購入した場合の価格を調べてみました。

商品名購入元価格内容量
フリトレー
バラエティー
パックあたりの価格
レイズ クラシック
Amazon1,320円425.2g
527円
(169.8g)
フリトレー レイズ
サワークリーム&オニオン味
楽天市場980円140g1188.6円
(169.8g)
ドリトス タコス味
Amazon1,200円720g175円
(105g)

ラッフルはAmazon、楽天市場での販売はありませんでした。しかし、レイズだけでもコストコでの販売価格を超えてしまいます。おそらく輸入コストが高く、比較にならないのでしょう。

そういう意味では、コストコのフリトレーバラエティパックはお買得ですね。

では、日本のポテトチップスとお値段を比較してみます。

商品名購入元価格内容量
60gあたり
の価格
フリトレーバラエティパックコストコ1,098円614.4g
107.2円
チップスター Lのりしお
Amazon1,830円1,380g80円
ポテトチップス うすしお味
Amazon1,217円720g101.4円
プリングルズ
サワークリーム&オニオン
Amazon1,539円636g145円
チップスターL
アソートパック
Amazon3,160円1,380g137円

フリトレーバラエティパックは、ポテトチップスやチップスターなどのアソートパックと比べると3割以上お買得でした。ポテトチップスやチップスターの1種類の味を購入するのであれば、約2割もお買得です。

アソートパックは、いろいろな味が楽しめますが、一つの味を購入するのに比べてお値段が5割ほど高く設定されています。そんなアソートパックの中では、コストコのフリトレーバラエティパックはお買得です。

おわりに

コストコの「フリトレーバラエティパック」は、アメリカで人気のポテトチップス4種類、21袋(614.4g)のアソートパックです。

味はタコス、塩味、サワークリーム&オニオンなど、日本でもおなじみのテイストで、日本に比べてやや味が濃いものの、ついつい食べてしまうおいしさです。

お値段は、いろいろな味が楽しめるバラエティパックの中ではお買得でした。しかし、食べたい味が決まっているのであれば、その味のチップスを購入する方がお買得です。

いろいろな味が楽しめるので、自分の好きな味を探すのにはよいと思いますが、コスパという面ではあまりおすすめはできません。我が家は、じゃがいもの素朴な味が好きですので、コスパの悪いこちらの商品のリピ買いはなさそうです。

リピ買い:なし
おすすめ度:★★ 
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ 

SPONSORED LINK