図1 図2
商品名:三元豚のとんかつ
購入価格:1,180円(2020年9月)

あと一品欲しいときや、お弁当のおかずに便利な冷凍食品「三元豚のとんかつ」を購入しました!

一口サイズにカットした三元豚とんかつの冷凍食品です。ほどよい旨みで、厚肉でふっくらした歯ごたえが、レンジで簡単に調理できる優れものの一品です!1個あたり約33円というコスパも魅力的ですね!

今回は、コストコの「三元豚のとんかつ」の商品詳細、味や価格をレビューします!

SPONSORED LINK


商品詳細 三元豚のとんかつ

商品名:三元豚のとんかつ
名称:とんかつ
原材料名:豚肉、小麦粉、でん粉、卵白粉、植物油脂、食塩、砂糖、香辛料、衣(パン粉、植物油脂、小麦粉、しょうゆ、香辛料、でん粉、粉末状大豆たん白、醸造酢、食塩、砂糖、大豆粉)、揚げ油(大豆油)/加工でん粉、トレハロース、調味料(アミノ酸等)着色料(カロチノイド)、増粘剤(キサンタン)、貝カルシウム、(一部に小麦・卵・大豆・豚肉を含む)
内容量:810g
賞味期限:購入日より約10か月
保存方法:-18℃以下で保存してください
凍結前加熱の有無:加熱してあります
加熱調理の必要性:加熱して召し上がってください
原産国名:タイ
輸入者:味の素冷凍食品株式会社

三元豚とは

三元豚(さんげんとん)って、スーパーでもよく聞きますよね。シロは「どこかの豚のブランド?」程度に思っていました。

豚は産地によって肉質が良い、霜降りが入るなどの長所があります。三元豚とは、長所がそれぞれ違う三種類の豚を交配させて生まれた、三つの長所を持った豚を指します。

本商品のパッケージには「肉質の良い美味しい豚肉」とのみ記載がありましたので、交配の時点で肉質が追求されているようです!

三元豚のとんかつの中身

図4

パッケージの中には、810gの冷凍の三元豚のとんかつが入っています。とんかつ一個のサイズはほぼ一口サイズの直径2.5~3cm、長さ5cm、重さは24~26gです。お弁当に使いやすいサイズですね。

サイズにばらつきがあるため、パッケージによって入っている個数が異なると思います。シロが購入したパッケージには32個の竜田揚げが入っていました。

シロ1人だと、1食で3~4個ぐらいが適量ですので、1袋あたり10~11人前です。

袋の中には、とんかつがごろごろとそのまま入っています。一つ一つバラバラになっており、くっついてはいませんので、必要分を取り出してレンジすることができます。加熱調理済みということなので、油で揚げた後にしっかり粗熱を取ってから冷凍されているのだと思います。

パッケージにはジッパーがついており、開封しても密閉保存することができます。味の素食品ですので、パッケージはしっかりと管理されていますね。

調理方法

調理方法は、電子レンジで必要な個数分だけ調理が可能です。パッケージには次のように記載されています。

【電子レンジ】
凍ったままの商品を皿にのせ、ラップをかけずに下表のとおり加熱してください。
調理時間
500W600W
1個約50秒約40秒
2個約1分10秒約1分
3個約1分30秒約1分20秒
4個約1分50秒約1分40秒
5個約2分10秒約2分

図3

電子レンジで4個をレンジ調理しました。500Wで1分40秒加熱しましたが、表面が少し冷たかったため、さらに1分(合計2分40秒)加熱しています。

表面がきつね色になり、まるで揚げたてのようで美味しそうですね!

三元豚のとんかつの味レビュー

図5

肉質が柔らかく、繊維が網目状になっているため、包丁を入れると、すっと綺麗に切れます。これは食べた時も柔らかそうです!

衣は、かなり薄く、お肉にしっかりと張り付いているので、お肉の食感とサクサク食感が同時に楽しめます。

お肉は、とっても柔らかくて美味しいです。約3cmと厚肉なのですが、軽く噛むだけで繊維がプチプチと外れていくので、とっても食べやすいですね。少し旨味がついているので、このままでもパクパク食べられます。冷めても柔らかいままなので、お弁当にもピッタリです!

残念な点は、レンジ調理だと衣がしっとりとして揚げたてのサクサク感がないことです。衣のサクサク感を出すためには、レンジ調理後にトースターで約1分程度温めればOKです。

レンジ調理で加熱しすぎると、水分が飛び過ぎて衣が硬くなってしまいますが、トースター調理だとその心配はありませんし、余分な油が落ちるのでヘルシーですよ!

シロ1人だと、1食で3~4個ぐらいが適量でした。1袋あたり10~11人前ですね。キャベツの千切りなどをつければ、食事の主菜となる一品です。

コスパ

コストコの「三元豚のとんかつ」は、810g入りで1,180円、100gあたりの価格は146円でした。

今回は、Amazonや楽天市場の商品とお値段と比較してみます。

商品名購入元内容量価格100gの価格
三元豚のとんかつコストコ810g1,180円145.7円
やわらかとんかつ
Amazon
(味の素)
1,200g2,520円210円
三元豚のとんかつ
Amazon1,620g3,980円245.7円
三元豚 ロースかつ
楽天市場1,000g3,480円348円
三元豚ロース真空パック
図5
コストコ--72.0円

コストコの三元豚のとんかつは、Amazonや楽天市場の商品に比べて、3割以上もお買得でした。ストアクーポンの割引きがあれば、さらにお買得に購入できます。

ちなみに、コストコでは三元豚がとってもお買得に購入できます。最もお買得な三元豚ロース真空パックであれば、三元豚のとんかつの約半額で購入できます。揚げ物や調理が苦でなければ、こちらをおすすめします。

おわりに

コストコの「三元豚のとんかつ」は、ほどよい旨味で柔らかい三元豚のとんかつが、簡単レンジ調理で完成する冷凍食品です。三元豚は約3cmもの厚肉ですが、お肉がとっても柔らかく、簡単に噛み切れます。

レンジ調理ままだと衣がしっとりしていますが、トースター調理すれば余分な油も落ちて、揚げたてのようにサクサクになります。

価格は、Amazonや楽天市場で販売されている商品と比べて、約3割以上もお買得です!ときどきストアクーポンによる割引きもあるようですので、狙ってみてください。

我が家では、コストコのお買得な「三元豚ロース真空パック」を購入して、自宅でとんかつや炒め物にしています。節約しておいしい三元豚が食べたいのであれば、こちらをおすすめします。

リピ買い:なし
おすすめ度:★★★★

▼合わせて読みたい
 
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ 

SPONSORED LINK