図1
商品名:ヤンニョム豚バラ焼肉
価格:100gあたり118円(2020年10月)

コストコのデリカコーナーで、2020年10月に新発売した「ヤンニョム豚バラ焼肉」を購入しました!

柔らかい三元豚を、ご飯がすすむ甘い味付けで仕上げた一品です!にんにくとごま油のコクが三元豚のおいしさを引き立てています!また、見た目に反して辛さはありませんので、お子様も一緒にご家族で楽しめます。

今回は、コストコの「ヤンニョム豚バラ焼肉」の商品詳細、味レビューを紹介します!

SPONSORED LINK



商品詳細 ヤンニョム豚バラ焼肉

商品名:ヤンニョム豚バラ焼肉
品番:96615
名称:食肉加工品
原材料名:
豚肉(カナダ産)、たれ(醤油、砂糖、水飴、唐辛子、にんにく、乾燥オニオン、ごま、食塩、植物油脂、酵母エキス)、野菜ミックス(玉ねぎ、パプリカ)、長ねぎ、青ねぎ/酒精、増粘剤(キサンタン)、酸化防止剤(V.C.)、(一部に小麦・ごま・大豆・鶏肉を含む)
※この製品は卵、乳成分、えび、かに、そば、落花生を使用した設備で製造しています。
保存方法:要冷蔵4℃以下
調理方法:味付け処理をしていますので、中心部まで十分に加熱調理してください。
価格:100gあたり118円
栄養成分表示100gあたり:熱量307kcal、蛋白質10g、脂質24g、炭水化物10g、食塩相当量1.3g
消費期限:加工日より2日間
製造者:コストコホールセールジャパン

ヤンニョム豚バラ焼肉の中身

図2

ヤンニョム豚バラ焼肉には、甘辛いタレで味付けされた豚肉と野菜が入っています。豚肉はカナダ産の三元豚です。三元豚は、コストコではロースヒレなど様々な部位が販売されていますので、これが原料に使われていると考えられます。

ヤンニョム豚バラ焼肉に入っている野菜は次の通りです。

〇 玉ねぎ
〇 パプリカ
〇 長ねぎ
青ねぎ
図3

玉ねぎは糸のように薄くスライス、青ねぎは輪切り、長ネギは1cm角くらいのみじん切りです。パプリカは量は少なめですが、半口サイズにカットされて入っています。

豚肉は10~15cmぐらいにスライスされています。見た目の赤い色は、お肉の色か、タレの赤さが見分けがつきませんね。おそらくタレの赤さの方がメインだと思います。

豚肉、野菜ともに食べやすいサイズにカットされているので、焼くだけで食べられますね。


コストコで販売されていた商品の内容量は、1,800~1,900gとややばらつきがありました。我が家では1,804g入りを購入しました。

コストコで購入後、1回では食べきれないと思って4回分に分け、1回分(450g)をジップロックに入れて冷凍しました。2週間ほど冷凍していましたが、しっかりと火を通せば問題ありませんでした。

ただ、実際に大人2人で食べると、毎回100g程度残ってしまいますので、1人前は約170gが適量だと思います。つまり、1パック(1,800~1,900g)はおおよそ10~11人前ぐらいだと思います。

ヤンニョム豚バラ焼肉の調理方法


調理方法は、パッケージに次のように記載されています。

【調理方法】
味付け処理をしていますので、中心部まで十分に加熱調理してください。

我が家では、フライパンで中火で10分程度加熱しました。以下は焼く前の写真ですが、豚肉は赤いタレがかかっており、焼いても色の変化がわかりにくいので、脂身部分で判断した方が良いと思います。
図4

豚肉は脂身がたっぷりついており、焼いていると自然と脂が出てきます。そのため、油は敷かずに焼くことをおすすめしますが、気を抜くとタレが焦げつくのでご注意ください。

ヤンニョム豚バラ焼肉の味レビュー

図5

見た目は赤かったので、辛いと思っていたのですが、全然辛くありません!タレは甘めの醤油ベースで、焼肉にピッタリの濃い味です。タレの中に入っているにんにくが食欲をかき立てます!

豚肉は、タレがしっかりとしみ込んでおり、かむとじわーっと甘い味が口の中に広がります。適度に柔らかいお肉ですので、前歯で簡単に噛み切ることができるので、とっても食べやすいです!

中身は、豚肉95:野菜5ぐらいの割合です。「焼肉」という名前通り、お肉がたっぷりと入っており、かなり濃い味ですので、ご飯が進みますね。

気になった点は1点目は、野菜が少ないことです。先に述べたように中身の95%がお肉ですので、食事のバランスを取るために、キャベツやもやしなどの添え野菜を準備することをおすすめします。

我が家では、ヤンニョム豚バラ焼肉を焼く際に、キャベツを入れて野菜炒め風にしています。やや多すぎるタレをキャベツが吸ってくれますので、豚バラ肉の味が食べやすい濃さに調整できます。

気になった点の2点目は、豚バラの脂が多いことです。シロはもう30代後半に突入する年代であり、ヤンニョム豚バラ焼肉の豚バラをそのまま食べると、脂身で胃もたれしそうです。そのため、シロは食べる時に脂身を外していただいています。

これらの点を除けば、見た目ほどの辛さもありませんので、小学生くらいのお子様であれば一緒に喜んで食べられる味付けですし、万人受けする味付けの一品だと思います。

コスパ

コストコのヤンニョム豚バラ焼肉は、100gあたり118円です。

今回は、Amazonや楽天市場で販売されている焼肉用の豚バラ肉とお値段を比較してみました。

商品名販売元内容量価格100gあたり
の価格
ヤンニョム豚バラ焼肉コストコ
118円
焼肉用厚切り豚バラ
Amazon2,000g3,480円174円
カナダ産三元豚豚バラスライス
楽天市場1,000g2,480円248円
国産 豚肉バラ焼肉用イオン160g393円245円

今回比較した中では、ヤンニョム豚バラ焼肉は、Amazonや楽天市場、イオンで販売されている焼肉用豚バラ肉と比べて、3割以上もお買得でした。比較したお肉は味付けがされていませんでしたが、それでもコストコの方がお買得です!

味付け不要で焼くだけ、さらにお値段も安いのであれば、コストコで購入するしかないですね!

おわりに

コストコの「ヤンニョム豚バラ焼肉」は、柔らかい三元豚を、ご飯がすすむ甘い味付けで仕上げた一品です!にんにくとごま油のコクが三元豚のおいしさを引き立てています!

見た目はかなり赤くて辛そうですが、実際食べてみると辛さはほとんどありません。お子様を含めて万人受けする味付けですので、ご家族で一緒に楽しめるおいしさです!

お値段は、Amazonや楽天市場などで販売されている未調理の豚バラ肉よりも3割以上もお買得でした。焼くだけ、という手軽さを考えれば、断然お買得な商品です!

気になった方はぜひご検討ください。

リピ買い:あり
おすすめ度:★★★★


にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ 

SPONSORED LINK