図1
商品名:Alameda シンプルブラックコールドブリューコーヒー
購入価格:2L入り828円(2020年10月)

コストコの冷蔵コーナーで販売されているAlamedaのコールドブリューコーヒーを購入しました。

コストコのフードコートでも販売されているコーヒーが、1Lボトル×2本セットで購入できます。深煎りしたコーヒー豆の香ばしい香りと、後を引かないすっきりとした苦味が特徴のコーヒーです。インスタントと違って冷蔵庫から取り出してすぐに飲めるのも手軽で良いですね!

今回は、コストコで販売されているAlamedaの「コールドブリューコーヒー」の商品詳細、味や価格をレビューします!

SPONSORED LINK


商品詳細 コールドブリューコーヒー

商品名:シンプルブラックコールドブリューコーヒー
種類別名称:コーヒー
原材料名:コーヒー
内容量:1L×2本
賞味期限:購入日より約4か月
保存方法:要冷蔵(10℃以下)
販売者:ALAMEDA CBC株式会社


Alameda Cold Brew Coffeeは世界各地から厳選した豆をCold Brew仕様に特別に焙煎。独自の低温抽出方を用いて、コーヒー豆に凝縮された甘味・酸味・コク味・旨みを最大限に引き出し、至高の一杯を作り上げました。
角のないスッキリと丸い味。香り高く爽やかな味わいをお楽しみください。
図2


コールドブリューコーヒーとは

カフェでも「コールドブリューコーヒー」という商品を見かけますね。

一般的なアイスコーヒーは、挽いたコーヒー豆からお湯で抽出し、氷で冷やして作ります。

コールドブリューコーヒーは、コールドブリュー(低温抽出)という名前の通り、挽いたコーヒー豆を水につけ、冷蔵庫などでゆっくり時間をかけてコーヒーを抽出します。

抽出は8~12時間かけてゆっくりと行います。抽出する温度が低いため、苦みや渋みの原因であるカフェインやタンニンが溶け出しにくく、クリアでまろやかな味わいになるのが特徴です。コーヒーが苦手という方や、寝る前などカフェインを控えたい時にぴったりです。

ただし、アイスコーヒーに比べて、作るのに時間がかかるため、お店ではお値段もやや高めに設定されていることが多いです。

コールドブリューコーヒーの中身

図3

1Lペットボトル×2本セットで、ボトル同士はプラスチックでつながっています。ボトルのサイズは直径8cm×高さ23cmで、冷蔵庫の扉棚にしっかり収まるサイズです。

注ぎ口は直径3.5cmと、一般的なジュースやミネラルウォーターのペットボトルに比べてやや広めなので、注ぐ時に詰まったりといったことはありません。牛乳パックに比べて衛生的で持ち運びもしやすいので、使いやすいですね。

コールドブリューコーヒーの味レビュー

図4

注ぐ前はしっかりと振りましょう!というのも、長時間縦置きしていると、ラベルに記載されているように、ボトルを傾けると「コーヒー豆に由来する成分」が底に沈殿してしまい、上澄みを飲むことになります。

グラスに注ぐとこんな感じです。低温抽出なので透き通っていると思ったら、かなり濃いめの色合いです。キャップを開けると、深煎りしたようなコーヒー豆の良い香りが漂います。

さっそくブラックで頂きます!

一口目は深煎りの香ばしい香りが口いっぱいに広がりますね!

飲み口はとってもまろやかです!かなり濃いめでコーヒー独特のコクや苦みがしっかり感じられます。ただし、渋さや雑味は少なめで、後味もすっきりしているので、とっても飲みやすいです。

普段コーヒーを飲み慣れている嫁も、大満足でした。

しっかり挽いたコーヒー豆の香りがとっても豊か!コクと酸味もあるのに、飲み口がマイルドでとっても飲みやすい!高級なチョコレートと一緒に飲みたい感じ!


コストコの試飲コーナーでは、牛乳を入れて「カフェオレ」で提供されていました。カフェオレにしても、コーヒーのコクや香りは薄まっておらず、後味はさらにすっきりとして飲みやすくなっていました。

ちなみに、こちらの「コールドブリューコーヒー」は、コストコのフードコートでも販売されています。味が気になる方は、まずはフードコートで味見をして検討されてはどうでしょうか?

コスパ

コストコの「コールドブリューコーヒー」は、2L入りで828円、コーヒー一缶(190ml)あたり79円でした。

今回は、Amazonや楽天市場の商品とお値段と比較してみます。

商品名購入元内容量価格190mlの価格
コールドブリュー
コーヒー
コストコ2,000ml828円78.7円
コールドブリュー
コーヒー
コストコ
(フードコート)
約350ml150円81.4円
UCC 職人の珈琲
コールドブリュー
Amazon900ml
×12本
1,558円27.4円
UCC
コールドブリュー
コーヒー
楽天市場500ml
×24本
3,248円51.4円
コールドブリュー
コーヒー
Amazon250ml
×24本
5,592円177円

今回比較した中では、Amazonで販売されているUCCのコールドブリューコーヒーが最もお買得でした。コストコ製品と比べて6割以上もお買得です!

コストコで販売されいてるAlamedaコーヒーは、お店や自動販売機の缶コーヒーと比べると、3割以上お買得でした。

同じコールドブリューコーヒーでも、メーカーによって味が異なります。Alamedaコーヒーは、嫁曰く「ドトールや無印より美味しい」らしいです。Alamedaコーヒーに満足されている方は、コストコでのボトル購入が最もお買得です。

一方、ややクセが強いため、万人受けはしないというご意見もあるようです。UCCは、比較的万人受けする(嫁曰く薄い)そうですので、Alamedaコーヒーが合わない方はこちらを試してみてください。

おわりに

コストコで販売しているAlamedaの「コールドブリューコーヒー」は、深煎りしたコーヒー豆の香ばしい香りと、後を引かないすっきりとした苦味が特徴のコーヒーです。

渋さや雑味は少なめで、後味もすっきりしているので、とっても飲みやすく、低温抽出でカフェインやタンニンが少なめですので、コーヒーが苦手な方や、寝る前でもいただけます。

インスタントと違って冷蔵庫から取り出してすぐに飲めるのも手軽で良いですね!

価格は、缶コーヒーやお店で飲むよりも3割以上お買得です。メーカーによって味が異なるため、コストコのAlamedaコーヒーがお気に召した方は、コストコでの購入をおすすめします。一方、もっと薄めでスッキリしたコーヒーがよい方、節約重視の方は、Amazonで販売している6割以上お買得なUCCのコールドブリューコーヒーなどを試してみてはいかがでしょうか?

我が家は、Alamedaのコールドブリューコーヒーに大満足でしたので、リピ買いしていきたいと思います。

リピ買い:あり
おすすめ度:★★★★★

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ 

SPONSORED LINK