図10
商品名:三元豚ポークジンジャー
価格:100gあたり129円(2020年10月)

コストコのデリカコーナーで、「三元豚ポークジンジャー」を購入しました!

生姜の効いたタレに、三元豚を漬けこんで味付けした一品です!4人家族の3食分ほど
の量で、生姜良い香りの漂う三元豚はとても柔らかいので、小さなお子様を含めたご家族で楽しくいただけます!

今回は、コストコの「三元豚ポークジンジャー」の商品詳細、味レビューを紹介します!

SPONSORED LINK



商品詳細 三元豚ポークジンジャー

商品名:三元豚ポークジンジャー
品番:96602
名称:食肉加工品
原材料名:
豚肉(カナダ産)、しょうが焼きのたれ(醤油、おろししょうが、砂糖、果糖部ぶどう糖液糖、おろしにんにく、醤油もろみ、濃縮りんご果汁、ごま油、食塩、塩麹)、玉ねぎ、ブロッコリー、オリーブ油/酒精、香料、増粘剤(キサンタン)、(一部に小麦・ごま・大豆・豚肉・りんごを含む)
※この製品は卵、乳成分、えび、かに、そば、落花生を使用した設備で製造しています。
保存方法:要冷蔵4℃以下
調理方法:味付け処理をしていますので、中心部まで十分に加熱調理してください。
価格:100gあたり129円
栄養成分表示100gあたり:熱量207kcal、蛋白質14g、脂質13g、炭水化物7g、食塩相当量1.2g
消費期限:加工日より3日間
製造者:コストコホールセールジャパン

三元豚ポークジンジャーの中身

図11
三元豚ポークジンジャーには、生姜の効いたタレに漬けこまれた三元豚と玉ねぎ、ブロッコリーが入っています。フタを開封した瞬間の生姜の香りが食欲をそそりますねぇ。

三元豚(さんげんとん)とは、長所がそれぞれ違う三種類の豚を交配させて生まれた、三つの長所を持った豚です。コストコの三元豚は、交配の時点で柔らかい肉質が追求されているので、味も期待できそうです!
図12

豚肉の部位はロースで、食べやすいように薄くスライスされています。一枚のサイズは、ばらつきはあるものの、おおよそ手のひらの約半分(5cm×20cm)、重さは80~100g程度です。一パックあたり約20枚の豚ローススライスが入っています。

豚ロースは、しっかりとタレに漬けこまれているため、ただのスライスよりも少し重めです。タレは醤油、しょうが、砂糖ベースの和風仕立てで、玉ねぎも一緒に漬けこまれています。

添え野菜のブロッコリーは、生ではなく、軽く湯通しされた程度に調理されていました。房からカットされた状態で入っており、シロが購入したパックには8切れ入っていました。
図13

コストコで販売されていた商品の内容量は、1,600~1,800gとややばらつきがありました。我が家では1,857g入りを購入しました。

一食で約2kg近くは消費できませんので、コストコで購入後、上の写真のように4回分に分けました。1回分(450g)は、3人で食べてちょうどよい量ですので、1パック(1,600~1,800g)はおおよそ10~12人前と思います。

なお、ジップロックに入った分は冷凍保存して頂きました。1週間ほど冷凍していましたが、しっかりと火を通せば問題ありませんでした。

三元豚ポークジンジャーの調理方法


調理方法は、パッケージに次のように記載されています。

【調理方法】
味付け処理をしていますので、中心部まで十分に加熱調理してください。

図14

我が家では、中火でフライパンで10分程度加熱しました。豚ロースが薄めにスライスしてあるので、すぐにお肉の中心まで火が通ります。

豚肉から油が出てきますが、醤油ベースのタレで味付けされているため、やや焦げ付きやすいですね。

三元豚ポークジンジャーの味レビュー

図1

パッケージを開けた瞬間から、生姜の良い香りがしていましたが、フライパンで加熱しているとさらに食欲をそそる香りがしました。

豚肉は、さすが肉質を追求された三元豚です。とっても柔らかくて食べやすく、噛むとしょうが醤油の味が出てきます。生姜の風味もしっかりしていて、よき日本の味です。

食感も、豚ロースを焼いたのですが、パサパサだったり、ボソボソだったりせず、タレ漬けしたためか適度な弾力があって美味しくいただけました。

コスパ

コストコの三元豚ポークジンジャーは、100gあたり129円です。

今回は、近い商品が見つかりませんでしたので、原材料の近いチキンカリーやタンドリーチキンと価格を比較しました。

商品名販売元内容量価格100gあたり
の価格
三元豚ポークジンジャーコストコ
129円
豚肩ロース 生姜焼き
Amazon1,000g3,000円300円
吉野家 [豚しょうが焼き
Amazon
(吉野家)
1,200g4,428円369円
松屋 豚生姜焼き
楽天市場
(松屋)
975g8,700円892円
三元豚ロース真空パック
図5
コストコ
72円

今回比較した中では、三元豚ポークジンジャーは、Amazonや楽天市場で販売されている豚生姜焼きに比べて5割以上もお買得でした。

一方、コストコでは三元豚ロースの真空パックも販売されており、こちらは三元豚ポークジンジャーに比べてさらに4割程度お買得でした。

豚の生姜焼きは、シロの家庭でも作れる、割と簡単な料理です。「三元豚ポークジンジャー」は、ご家庭の豚の生姜焼きに比べて特別感はありませんでした。節約するのであれば、コストコで既製品を購入するより、ご自宅で作ったほうがよいと思える商品でした。

おわりに

コストコの「三元豚ポークジンジャー」は、薄くスライスした三元豚ロースを生姜ダレで漬け込んだ一品です。焼くだけで簡単に作れる生姜の風味が香る柔らかいしょうが焼きは、ごはんがすすむおいしさ間違いなしです!

お値段は、Amazonや楽天市場で販売されている豚のしょうが焼きと比べて5割以上もお買得でした。

ただし、材料である「豚ロース真空パック」は、コストコでは三元豚ポークジンジャーの4割引きの価格で購入できます。三元豚ポークジンジャーは確かにごはんがすすむ美味しい一品でしたが、特別感はなく、レシピもそれほど難しい料理ではないため、リピートするなら自分で調理すればよいかなと思いました。

リピ買い:なし
おすすめ度:★★★


にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ 

SPONSORED LINK